宇都宮賞

学術的に優れた臨床症例報告の発表者2名に賞状と副賞を授与する。

受賞者

第7回 2021年度

西村 直 国立がん研究センター中央病院 造血幹細胞移植科 SARS-CoV-2感染後に同種造血幹細胞移植のタイミングに苦慮した成人T細胞白血病の1例
中村 貴久 熊本大学病院 血液・膠原病・感染症内科 クローナリティの証明が困難であり確定診断に苦慮した成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)症例

第6回 2019年度

蒲池 和晴 佐賀大学医学部 血液・呼吸器・腫瘍内科 Mogamulizumb 投与後にもT 細胞再構築が得られずEBV 関連中枢神経原発B 細胞リンパ腫を発症したATL
岩尾 千紘 宮崎大学医学部附属病院 膠原病感染症内科 トシリズマブが有効であったHTLV-1 関連脊髄症を合併した関節リウマチ


2019年度宇都宮賞受賞者(左から、蒲池和晴、渡邉理事長、岩尾千紘)

第5回 2018年度

牧山純也 東京大学医科学研究所附属病院 血液腫瘍内科 抗リウマチ薬使用後にHTLV-1感染細胞クローンが消失した関節リウマチ合併ATLくすぶり型
窪田歩 今村総合病院 血液内科 局所放射線治療によるアブスコパル効果を認めた成人T細胞白血病・リンパ腫

第4回 2017年度

平野光人 東京大学医科学研究所 先端医療研究センター ATL患者の同種造血幹細胞移植後に慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーを発症した3症例の解析
松崎敏男 鹿児島大学 難治ウイルス病態制御研究センター ABL1チロシンキナーゼ阻害薬を使用したHAM合併CMLの1例

第3回 2016年度

中尾久美子※ 鹿児島大学学術研究院 眼科学 HTLV-1関連ぶどう膜炎症例の全身的予後
※第3回学術集会会長賞受賞者

日本HTLV-1学会宇都宮賞に関する規定

2019年8月24日改定
2018年8月31日制定

第1条
本賞は、日本HTLV-1学会宇都宮賞と称する。

第2条 趣旨
HTLV-1関連疾患の臨床研究の進展と知識の普及を図るため、学術的に優れた臨床症例報告に対し、日本HTLV-1学会宇都宮賞と副賞を授与する。

第3条 受賞候補者資格
一.日本HTLV-1学会学術集会で筆頭演者として口演ないしポスター演題の抄録を提出した者。
二.発表時において正会員の資格を有すること。
三.過去に本賞の受賞歴がないこと。

第4条 選考方法
次の選考方法により毎年2名を選考する。
一. 年度毎に、臨床症例報告の抄録について、本学会学術集会の査読者による採点結果を参考に、本学会賞等選考委員会が候補者を選考し、理事会において決定する。

第5条 表彰内容
一.日本HTLV-1学会総会にて、理事長が表彰し、副賞を授与する。
二.副賞は1件5万円とする。

ページの先頭へ