2020年世界HTLVデー記念講演会
Human T-cell Leukemia Virus ヒトT細胞白血病ウイルス)

ポスター2018年に制定されました11月10日の「世界HTLVデー」を記念し、啓発キャンペーンの一環として本年も世界HTLVデー記念講演会を下記のとおり開催する運びとなりました。
現在、日本では100万人近く、世界では3000万人以上のHTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルスI型)感染者がいると言われています。
患者・キャリアの方からのメッセージ、そして各専門家の立場からHTLV-1感染対策および感染診断の最新情報、HTLV-1関連疾患の「ぶどう膜炎」の実情について、お話しいただきます。
関係各位にご周知いただき、多くの皆様にご参加いただけますよう、心よりお待ち申し上げます。

一般社団法人 日本HTLV-1学会
理事長 渡邉 俊樹

開催概要

日時 2020年11月8日(日)10:00-12:00
開催方法 ZoomウェビナーによるLive配信
参加方法 参加無料(事前申込み制)
参加登録締切 : 2020年11月4日(水) 11月6日(金)12時まで延長

事前申込みいただいた方へ、Zoomウェビナーの視聴方法をご案内いたします。
※PC、スマートフォンより視聴可能です(インターネット環境が必要)。
ポスター PDF
主催 一般社団法人 日本HTLV-1学会
共催

NPO法人スマイルリボン(全国HAM患者、アトムの会・キャリアママの会、カランコエ・ATL患者会、ミラクル)
HTLV-1全国ねっと

厚生労働行政推進調査事業費補助金 新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業
「HTLV-1総合対策」推進におけるキャリア対策の基盤整備と適正な研究開発の推進に資する包括的評価と提言のための研究(研究代表:渡邉俊樹)

厚生労働科学研究費補助金 健やか次世代育成総合研究事業
HTLV-1母子感染対策および支援体制の課題の検討と対策に関する研究(研究代表:内丸 薫)

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業
HAMならびに類縁疾患の患者レジストリを介した診療連携モデルの構築によるガイドラインの活用促進と医療水準の均てん化に関する研究(研究代表:山野嘉久)

AMED 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
HTLV-1の総合的な感染対策に資する研究(研究代表:浜口 功)
問合せ先 一般社団法人 日本HTLV-1学会 理事長 渡邉 俊樹 聖マリアンナ医科大学大学院医療情報実用化マネジメント学寄附研究部門内
Tel:044-977-8111(内線4106) 
事務局 Email : htlv.shukai@gmail.com

https://form.qooker.jp/Q/auto/ja/HTLVDayKoen2021/form/

プログラム

I. 挨拶

・日本HTLV-1学会理事長 渡邉俊樹
・厚生労働省結核感染症課 中山美恵
・衆議院議員 江田康幸

II. 講演会

1. WHOによるHTLV-1感染症対策:渡邉俊樹(聖マリアンナ医科大学)
2. HTLV-1感染診断の考え方:大隈 和、浜口 功(国立感染症研究所)
3. 母子感染対策の現状と課題:板橋 家頭夫(昭和大学医学部)
4. それでも逃げない 〜ATL闘病記〜 :北別府 学(元広島東洋カープ・投手)
5. 忘れられがちな関連疾患「ぶどう膜炎」の実情:鴨居功樹(東京医科歯科大学) 、ぶどう膜炎患者
ページの先頭へ